2012年3月7日水曜日

オリンピック選手と競争するには?

今年はオリンピックの年ですね。
ロンドン大会だとか。

わたしは、短距離走に出場できるとします。
わたしの身長は180cmで、体重は80km以上あります。

さて、そんなメタボ気味のわたしですが、勝つことができるでしょうか?

6 件のコメント:

ながちょ さんのコメント...

昨日に引き続き投稿します☆

似たような体型の方のオリンピックでの短距離走ならいい勝負になるのではないでしょうか。

あとは、短距離走とはいえ1m走等ならスタートだけで勝負が決まるので勝算あり!

ん~ひねくれすぎですかね…

ナッキー Nackey さんのコメント...

ながちょさん。

コメントありがとうございます!

いいアイディアですよ。
似たような体型なら、勝負になりそうです。

ただし、短距離の選手は反射神経が優れています。
1m走のほう、勝つのが難しいでしょうね。


ひねくれた・・・いえ、ラテラルシンキングは[素直にひねくれる]ことも必要だったりします。

条件に書かれていないことはすべてOKという感じですかね。

・・・条件すらも疑います。

じゅんじゅん さんのコメント...

短距離でも水平ではなく垂直な場所だったので、体重が重い方が重力の影響で速く走れる(落ちる⁉)ので勝てる。

ナッキー Nackey さんのコメント...

じゅんじゅんさん

コメントありがとうございます。

重力で落ちる・・・
水平じゃなくて垂直!

でも、体重と落下は速度はあまり関係ないことが、ガリレオの実験でわかっています。
有名なピサの斜塔の実験。

とはいえ、ラテラルな発想法がいいですね。

ken さんのコメント...

レーシングゲームでなら勝てる可能性があるんじゃないですか。マリオカートとか。

TVゲームが苦手なら人生ゲームなどボードゲームなら運で勝てるかも。

ナッキー Nackey さんのコメント...

kenさん。

コメントありがとうございます!

TVゲームで勝負。

競技場でこちらが有利なルールで競争するのなら勝てそうですね。

それこそ、外人選手に勝てそうなら人生ゲームでもかまわない(笑)

日本語読めない・・・

相手に不得意で自分が得意なゲームで勝負するのは、まさにラテラルシンキング「ずるい考え方」ですねぇ。