2012年3月8日木曜日

人類史上まれにみる高額なマンション

普通では考えられない超高額のマンションがある。
ところが、このマンションは人気が高すぎてすぐに埋まってしまったのだという。

ここに住もうという人はいったいどんな人なのだろうか?

もちろん金持ちじゃなきゃ払えないけれど、別の理由を考えてください。

9 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

難しいですね…
実はウイークリーマンションで、高級住居ではなく高級ホテルのような利用形態である。
でしょうか?

ナッキー Nackey さんのコメント...

匿名さん。

回答ありがとうございます!

難しいでしょう!

ラテラルに考えてください。

高級ホテルのような利用形態という視点はいいですね。

ヒント
あるキッカケから急に申込み殺到したそうです。

まぁ、何にでもキッカケがあるので、ヒントにならないかも知れませんが、あきらめずに、何問を楽しむと思いつきますよ!

じゅんじゅん さんのコメント...

宇宙観光が一般的になった時代で、このマンションは初めて月に出来た。

ナッキー Nackey さんのコメント...

じゅんじゅんさん
コメントありがとうございます。

宇宙マンション!
まさにラテラルシンキングの発想ですよ。

ken さんのコメント...

物価が安い国(日本の十分の一くらい)のリゾート地の高級マンション。
現地の人にはとても手が出せないでしょう?

ナッキー Nackey さんのコメント...

kenさん。

コメントありがとうございます。

素晴らしいです!

条件に合う場所に持っていってしまう。

この発想はラテラルシンキングですよ。

ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス さんのコメント...

ご無沙汰しております。

こんな回答はいかがでしょうか?

(1)
そのマンションの地下からダイヤモンド・石油・財宝など、超高額の家賃を上回る「お宝」が見つかり、入居することでその「お宝」が独占的に手に入るため。

(2)
そのマンションは「不治の病」に倒れた場合、治療法の見つかる未来まで肉体を冷凍保存してもらえる場所であり、入居者は全財産を投げ打つため。←回転率は悪いですね。

ナッキー Nackey さんのコメント...

ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウスさん

いつもコメントありがとうございます。

(1)(2)どちらも、素晴らしいです!

まさに、ラテラルシンキングの見本になる
答えですよ(^∀^)ノ

funa さんのコメント...

世界一高額なマンション、と冠をつけた。
たしかドバイとかで同じような
ことやっていた気がする