2012年3月6日火曜日

画鋲に堪えられない!

わたしがラテラルシンキングを始めて目にしたのは、たぶん子供の頃、多湖輝先生の頭の体操です。
まわりの大人と一緒に考えるのですが、真っ先に答えられたのです。
やっぱり子供は頭がやらかいと言われたように覚えています。

実際にラテラルシンキングが役に立ったのは高校時代でした。
文化祭だったか、体育館の飾り付けの時。

みんなやりたくなくて、実行委員を押しつけられました。
まぁ、よくあることですね。

体育館に行くと、担任の山内先生が墨を使い縦長の紙にスローガンを書いています。

これを舞台の袖にぞろっと下げようとしたら、困った事になりました。
紙が画鋲に堪えられないで、ちぎれてしまうのです。

板に貼り付けるにしても、そんなに長い板はありませんし、もちろん板は画鋲では留められません。
そもそも、クギで打ち付けるのは禁止です。

なにか、いい方法は?

みんなが顔を見合わせました。

あなたなら、どんな解決法を提案しますか?

2 件のコメント:

ken さんのコメント...

1文字ずつに切り分けて貼れば重さには耐えられるのでは?

ナッキー Nackey さんのコメント...

kenさん。

コメントありがとうございます。

一文字ずつ貼っていく発想。
ラテラルシンキング的で素晴らしいですね!